今の職場を自分なりに評価してみる

看護師という職業は重篤な患者の治療に携わる医療現場で働く事も多く、不規則な時間帯での勤務となることから、心身ともに疲労が蓄積されやすい職場です。また、看護師は女性中心の職業という性質を持つ事から、とりわけ新人看護師の場合は上司や同僚看護師との関係性の維持が難しくなるケースも見られます。そのため、辞めたいと感じる機会が訪れる事も多くありますが、幾つかのポイントを確認する事でこの気持ちを思い留まらせる事が可能です。
特に重要なのが、初心に帰り再度看護師を志した経緯を確認してみる事です。看護師という職業に魅力を感じた点はそれぞれ異なりますが、給与の高さや福利厚生の充実度に見られる経済的な安定性は看護職ならではのメリットです。また、医療現場で患者の治療に携わり患者の回復を共に喜ぶ事が出来る充実感には、他の職業では味わう事ができない達成感があります。そのため、看護師を志したときに気持ちを思い出すためにも、初心に帰り、看護師を辞めたくない理由を再度確認してみることが必要とされます。そして、看護師を辞めたい理由を挙げてみて辞職したくない複数の要素と比べてみることで、現職の雇用環境を個々で評価してみる事が大切です。雇用環境の評価の仕方がわからないという方は、一度こちらをご覧になってみても良いかもしれません。
現職を辞職したくない理由を多く見つけ出すことができれば、現職にとどまる気持ちを固め、一念発起して働きだす事が可能です。そのためにも、個々の職場の自己評価が重要なポイントとされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です