大病院を求めて辞めたいと考える看護師

 病院勤務を始めた看護師が、働き始めてまもなくして辞めたいと感じてしまうことは珍しいことではありません。地域によっては勤続年数が1年から2年程度で辞めてしまう人が多いところもあり、よりよい待遇の医療機関を求めて転職する傾向が強くなっているのです。
 看護師が勤務先に求めるものとして、給料の高さや福利厚生の充実、キャリアアップのための支援制度や教育システムの充実といった点があげられます。こういった項目は大病院であると多くがクリアされており、高度医療を実施している点からも大病院に魅力を感じる人が増えています。
 看護師の仕事の獲得に際しては競争率が高いため、応募したからといってすぐに就職できるとは限りません。そのため、大病院を希望したものの、採用されなかったから中小病院に勤務するという人も多くなっています。そういった人の場合には、チャンスがあれば大病院に転職したいと思っているでしょう。そのため、機会を見つけては働いている現場を辞めたいと考え、転職活動に身を置くようになるのです。
 こういった仕事先選びにおける自由度の高さは、どんな医療機関においても看護師不足が顕著に起こっていることに起因しています。たとえ大病院での勤務を希望していてわずか数年しか働かない人材であっても欲しいと感じるのが中小病院であると共に、そこで経験を積んだ人材も新人同様に必要と考えるのが大病院の状況になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です