看護師を辞めたいと思う前の対策

 看護師の仕事を目指す学生は、将来仕事が辞めたいと思うようになることなど考えません。しかし、現実に直面した時、辞めるかどうかを決断しなければならない事があります。将来、どのような理由で仕事を辞めることになる判断が必要であるのか、まだ学生の頃から把握しておけば、今後の対策を立てる事ができるでしょう。
 一つには、仕事の厳しさから辞めたいと考えるケースです。看護の仕事は、簡単なものではありません。特に夜勤の仕事が続くと、肉体的や精神的な疲労が蓄積しがちです。そのような事態に備えて、うまく仕事の疲れを解消したり、あるいは比較的仕事の内容がきつくない職場をあらかじめ選択することも対策の方法です。
 またその一方で、女性が家庭の事情により、やむを得ず仕事を辞めることを判断するケースもあります。女性にとっては、結婚や出産といったイベントが、仕事を続けるかどうかのターニングポイントです。この場合には、配偶者や家族、同僚から理解や協力を得られるかどうかが、看護師の仕事を辞めずにすむ手掛かりになります。
 女性が一人で仕事や家事、育児を抱えるというのは難しいことです。看護の仕事を続けながらプライベートもこなすというのは、ハードルが高いです。周囲の人たちから看護師として働くことの理解を得て助けてもらえるのであれば、十分に看護の仕事は続けられます。辞めたいと思うようになる前に、十分な準備期間をとっておけば対策は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です